沿革

皆様と共に50年
常に、そして末永く、 お客様に信頼される企業を目指して

創業期

自分自身を信用していただく努力を怠らないこと/1964 - 1983年

1964年

創業

菊嶋巧が横浜市港南区にて鉄骨加工業を創業

創業当初は創業者菊嶋巧·まゆ夫人を含めた3人でスタート。
ベランダ·物干し·手摺·渡り廊下·階段等の金物を主に受注。

1964年

法人組織化

(有)菊嶋鉄工所として法人組織。資本金100万円にて発足

日産自動車追浜工場 照明下地ラック工事を中心に事業が軌道に乗り始める

1970年

藤ヶ沢に工場開設

現在の本社裏に仮設工場·置き場を、藤ヶ沢に工場を開設。

日産自動車座間工場よりパレットを受注し、50人体制で製作。
現在に至る原動力となる。

1977年

港南台4丁目に工場新設

※現本社所在地
藤ヶ沢工場跡地に集合住宅を建設

1981年

組織変更

株式会社化に伴い株式会社菊島鉄工建設と改称

500万円増資し資本金600万円とする。鎌倉街道拡幅に伴い本社及び工場を横浜市港南区港南台4-38-1へ移転。全国鋼構造物認定工場 Rグレード取得、建築鉄骨を事業の中核に。

1983年

全国鋼構造物認定工場 Mグレード取得

本格的に重量鉄骨工事への進出

年表
建築工事へ

真心と技術でこたえたい/1984 - 2000年

1984年

増資

900万円増資し、資本金1,500万円とする

工務部を設立し基礎工事、仕上げ工事などの鉄骨工事の付帯工事業務を開始

1989年

公共工事の受注

バス停留所上屋工事·港湾局ガントリークレーン(コンテナを船に積み下ろしする機械)柱脚補強工事·防潮扉工事等の公共工事へ進出

1992年

増資

3,000万円増資し、資本金4,500万円とする

1993年

組織変更・本社建設、移転

株式会社キクシマへ改称

株式会社菊島鉄工建設から株式会社キクシマへ改称。
本社ビルを横浜市港南区港南台4-39-7に建設、移転。

1994年

建築部門公共工事へ進出

特定建設業許可の取得と一級建築士事務所の設立

特定建設業許可を取得(神奈川県知事)、株式会社キクシマ一級建築士事務所設立。横浜市優良工事施工業者表彰受賞(建築部門)。
横浜市立本郷小学校給食室改修工事を行う。

1996年

耐震補強一式工事へ積極展開

1998年

増資

500万円増資し、資本金5,000万円とする

役員改選に伴い菊嶋秀生が代表取締役に就任

2000年

建築賞受賞

「鎌倉山の家」東京建築士会住宅建築賞受賞(建築部門)

はじめて手掛けたデザイン住宅がコンクールで受賞

年表
デザイン建築へ

建築家とつくるデザイン建築/2001 - 2010年

2004年

竣工『赤い屋根保育園』

その後の幼児保育施設建設の先駆けとなる

別棟の赤い屋根が園名の由来

2005年

アーキテクツ·スタジオ·ジャパン契約締結

建築家ネットワークシステム·ASJ横浜スタジオ運営を開始。同年11月第1回未来をのぞく建築家展をラジアントホールで開催。

2006年

Project1000 事務局と業務提携契約

1000万円台で納得できる家づくり

建築家と施工会社が一体となって設計·施工を行うチームを形成。
デザイン·コスト·品質のマネージメントを行い納得の家づくりに取り組む。

2009年

教育·福祉施設受注増える

「個のスタイル」を見つめ、建築家と共に「デザインのある施設づくり」を提案。

2010年

横浜型地域貢献企業最上位認定

地域や社会を意識し地域貢献の視点をもって事業活動に取り組み
地域と共に成長·発展を目指す企業として認定。

東京急行電鉄(株)業務提携契約

住まいと暮らしのコンシェルジュサービス新築·建替相談

東急沿線をもっと住みやすい街にしたい…そんな思いから生まれた「駅前相談窓口」購入·売却·賃貸·建築·リフォーム·インテリアなどのジャンルを問わない無料相談。

木とふれあう遊具コンテスト開催

デザインを子どもたちに・・・「遊ぶ」「学ぶ」「楽しむ」

子どもたちを取り巻く環境に接していく中で、子どもたちにものづくりの楽しさや考えて工夫することへの喜びを伝えていきたいと考え、このコンペを企画。手に触れてあたたかく、環境への配慮も考え、テーマを「木とふれあう遊具」とした。

まちと自然がリンクする。エココロミproject

環境共生住宅·養蜂事業·リサイクル等CSR活動の充実

ミツバチ達の様に「人·まち·環境」のつながりを創りだし活気あふれるる都市づくり貢献として本社屋上で養蜂を開始。また工場の壁面緑化を自然と親しむためのひとつのアイデアとして開始、暮らしを豊かにするエコへのココロミとしてエココロミprojectを立ち上げる。

年表
更なる飛躍

50年の絆がひらく未来/2011 - 2015年

2011年

団地再生計画『めじろ団地再生』

「建築家と考える団地リノベーションの提案」

70年代に建設された団地のスケルトンリフォームを実施。団地のもつレトロ感を残しモダンなディテールを要所に配した「レトロモダン」なデザイン。

震災復興·笑顔の再生プロジェクト参加

震災復興·笑顔の再生「モバイル·すまいる」プロジェクト参加。石巻市に40feetコンテナハウスを設置。

2012年

「中学生職業体験受入」実施

港南台第一中学校·小山台中学校から建築に興味のある子どもたちの職業体験を実施。以来5年間継続実施中。

キクシマエコスマートハウスプロジェクト

「キクシマエコスマートハウスプロジェクト」スタート
~建築家と考える環境にやさしいすまいづくり~
Eco Smart Architecture book を進呈

関内オフィス解説

横浜市中区北仲通3-34-2 キクシマ関内ビルに関内オフィスを開設、営業拠点とする。

北原照久✕キクシマ smileproject

「北原照久✕キクシマ smileproject イベント」開催
smileproject は笑顔の絶えない安心·安全な施設づくりプロジェクト。その第一段としてスタートした幼保施設づくりに関するイベントを実施。

2013年

CSR活動「よこはまおやつ」販売開始

横浜のパティシエが横浜生まれの蜂蜜とたまごで素敵お菓子を作り販売

「魅力発見はまの会社見学ツアー」参加

横浜市経済局主催「魅力発見はまの会社見学ツアー」参加。
横浜市内の優れた製品やサービス、商品等を提供している魅力的な中小企業の1社として参加。

第1回『キクシマ家族感謝祭』開催

社員といつもお世話になっている社員のご家族を招いてキクシマ家族感謝祭を開催

2014年

創業50周年を迎える

横浜トリエンナーレ「アート·ビン」製作

横浜美術館に展示されたマイケル·ランディ氏の作品を製作

AED導入(本社·現場へ設置)

大型高齢者施設建設

「介護老人福祉施設新吉田竣工」大型高齢者施設建設

2015年

横浜グッドバランス賞受賞

男女がともに働きやすい職場づくりを進めている市内事業所として受賞

協立工業株式会社の株式取得(グループ化)

長野県の社員数30名·月産500t·Hグレード鉄骨製作工場をグループ化

異業種交流会『Ulurumeeting』スタート

キクシマ関内ビルB1 Future design gallery 「Uluru」にてさまざまな情報交換の場として定期的に交流会を開催。

設立50周年を迎える

情報誌『K マガジン』創刊

施工物件·イベント情報など発信

ストリートファニチャーコンペティション開催

50周年企画「ストリートファニチャーコンペティション」を開催
公開審査 in BankART1929
50周年式典『感謝の夕べ』in HOTEL NEW GRAND

年表